2015シーズン 第1節

今シーズンはこれまでのフットサルステージ多摩のインドア床コートからレスト戸田のインドア人工芝コートに場所を移しての開幕となったG.B.ブンデスリィガ。

2015_1_1

この環境の変化にいち早く対応し開幕節の優勝を飾ったのは4勝1分け(勝ち点9)と高い攻撃力を見せつけた代官山ダイヤモンドダスト。
個の強さ、運動量は他のチームを圧倒した。
極めつけはFrango Frangoから移籍した藤田(旧姓・大平)の2ゴール。
同じくアーセロナから移籍した旦那は嫁の喜びの抱擁を完全スルー(笑)
見事な開幕ダッシュを決めた。
唯一の懸念は新規加入メンバーのプレーがやや荒くファールがかさんでしまった点か。

2位につけたのは3勝2分け(勝ち点8)でFrango Frango 吉祥寺。
持ち前の組織力、戦術レベルの高さは今季も健在。
守備も最年長プレーヤー佐瀬を中心に1失点のみと安定した戦いをみせた。
特筆すべき点は12得点中、
10点が女性ゴールという部分。
日野MIYABIから移籍してきた萩原の個の力も加わり更に攻撃力が増した形だ。

3位につけたのは3勝1敗1分け(勝ち点7)で渋谷メタボリックス。
今季はエース佐藤が戦列を離れたが、それでも安定した戦いを見せた。
節MVPに輝いた柳田、鈴木(旧姓・酒井)のハイプレスは他のチームを苦しめ、何度もショートカウンターでチャンスを演出。
エース佐藤の決定力をチームでどれだけ補えるかが優勝のカギとなるだろう。

2015_1_2

4位につけたのは1勝3敗1分け(勝ち点3)のNOA@錦糸町。
新規参入の開幕節で初勝利をもぎ取った。
塩見が率いるだけあって、ミックスでの戦いには慣れていたがまだリーグの雰囲気に慣れていない感があった。
各チームの特徴を今節覚えた事で、今後の対応次第では上位に進出してくる可能性があるのではないだろうか。

5位は1勝4敗でアーセロナ渋谷。
今季からアーセロナ渋谷・聖蹟クリスタル・ゼウス有明の合併チームとなり、メンバーを見る限り上位にいてもおかしくないチームだが…、メンバーのプレースタイルが噛み合わず今節は低迷。
しかし、昨季の得点王保科を筆頭に女性陣も高い個の能力を持っているだけに、チームとして噛み合い始めたら間違いなく怖い存在になりそうだ。

今節6位と苦しんだのは4敗1分け(勝ち点1)の小金井ソファシエスタ。
新規参入で対戦相手のデータが乏しかった事、リーグの雰囲気に慣れていない事、専門のゴレイロが不在だった事等で厳しい戦いを強いられた形だ。
しかし、得点差や勝ち点差程のレベルの開きはないので、リーグに対応していく事で順位を上げていけるのではないだろうか。
今後に期待したい。

今節は竹内チェアマンの言ったように若干ファールの多さが目立ったが、初参戦のチームが2チーム、また各チーム新戦力の加入等でG.B.ブンデスリィガのファール基準への対応が出来ていなかった為、致し方ない部分はあったかもしれない。
ただ、悪質なファールはほとんどなく怪我人も出なかった事は幸いであった。
怪我防止の為にもファールは極力減らしたいので、各チーム審判はプレー中の選手に声掛けする事を推奨したい。
ファウルになりそうな場面で審判が声をかけ、ファウルを抑制する事も大切になる。
ぜひ意識して審判をしてほしい。

次節、開幕節で得た経験を活かし飛躍するチームは現れるだろうか?
楽しみであるし期待したい!

2015_1_3

関連記事

  1. 2013シーズン 第1節
  2. 2013シーズン 第2節
  3. 2013シーズン 第6節
  4. 2014シーズン 開幕節
  5. 2014シーズン 第2節