2016シーズン 第1節

新緑深まるこの時期に、待ちに待った G.B BUNDESLIGA 2016が開催された。開幕節はゴールデンウィーク初日ということもあって、遠くに住んでいる人も参加しやすい日程となった。




2015_01_01

見事優勝に輝いたのは中野F.C.BOOZiES。守っては前線からのマンツーマンの守りに多くのチームが手を焼いていた。攻めてはボールキープが上手い武井や出足の鋭い河田やタメを作るのが得意な依田らが中心となって流動的にトライアングルを形成。そして彼らの誰かが前線で起点を作るか、または個人技で突破することで攻撃のスイッチを入れる。最後は決定力のある女性陣がゴールを決めることで大量得点を挙げ、圧倒的な成績を収めた。



準優勝はNOA錦糸町。塩見や板橋らを中心に高い個人技が目立つ印象だが、今節の失点は全チームで一番少なく、勝負強い試合が多かった。中でもゴレイロの宮崎の好調ぶりが目立っていた。攻撃面では女性陣との連携が深まれば得点力も上がり、他のチームにとっては更なる脅威となるだろう。

2015_01_03



3位は渋谷メタボリックス。強烈なシュートを得意とする選手が多くいるこのチームは、今回もハイプレスと徹底したゴールスローからのPIVO当てで相手ゴールに肉薄。前線で相手からボールを奪ってからの得点も見られた。守備ではゴレイロの山口の復帰が大きく、安定した試合が増えていると言える。



4位はFrango Frango。昨シーズン総合優勝を達成したチームではあるが、序盤は硬さが出たせいか5試合終了時点で1得点と波に乗れない試合が続いた。しかし残りの2試合で、今節MVPに輝いた萩原の連続ゴールなどで悪い流れを断ち切ることができた。総評としては、悪いときと良いときのFrangoが混在した節と言える。



5位はD3。持ち味である素早いパス回しから、中島や本城のゴレイロ泣かせのシュートがさく裂。守っても集中力の高い守備を披露。中野F.C.BOOZiES戦ではその守備の神髄が極まっていた。波に乗るかと思われたが、とある選手のスマホ紛失騒動が発生。その影響のせいか最後の2戦は連敗し、スタートダッシュとはならなかった。貴重品の管理が今後の優勝の行方を左右する。かも!?



6位はホワイトベアーズ足立。このチームの注目選手はゴレイロの坂場だろう。彼のスーパーセーブにより、チームは勇気を得たことは間違いない。攻めてはしゅんにボールを集め、オムランドらが前線でチャンスやシュートを放つという戦い方がチームの特徴と言える。個々の連携が深まれば更に良い試合運びができるだろう。リーグ戦を行う中でのチームの成熟化に期待がかかる。

2015_01_02



7位はアーセロナ渋谷。このチームは柴崎の強烈なシュートや相手の隙を見逃さない新木のゴール等、話題性の豊富な節となった。中でも柴崎は恵まれた体格にもかかわらず、接触プレーを全力で身を挺して避けるクリーンなプレーを貫いている。そんな彼のプレーに注目してみるのもよいだろう。このチーム特徴は、女性陣のパスの精度が高いので、彼女らがいい位置でボールを受けられれば攻撃にも厚みが増してくるだろう。



8位はシエスタ。得た勝ち点は1だが、組織的な守備やファー詰めへの意識、本職ではないゴレイロの奮闘など、明るい材料は見受けられる。しかし、なかなか結果の出ない要因としては、集中を切らす場面が時々あると感じる。疲れの出やすい試合終盤での失点が多いのも、集中を切らせた結果がこのような形で表れているのかもしれない。




今節は7分を予定していたゲームが6分になるというハプニングがあったが、リーグの運営は遅延なく、警告や怪我人が出ることもなく、安全で楽しいリーグ戦を行えたと言えるだろう。成績面では、2位から7位のチームが勝ち点差2でひしめき合い次節も接戦が予想される。

関連記事

  1. 2014シーズン 第6節
  2. 2014シーズン 第5節
  3. 2015シーズン 第2節
  4. 2015シーズン 第3節
  5. 2015シーズン 第6節