2014シーズン 開幕節

3月30日(日)屋外では台風のような突風が吹き荒れる中、フットサルステージ多摩エンラインアリーナにて2014年度G.B BUNDESLIGAが開幕した!
今季からポイント制が撤廃されたが、各チームともGBの名の下、選手のバランスはとれていた。

そんな開幕節、見事優勝に輝いたのは渋谷メタボリックス。
守護神山口をレンタル移籍で欠いたものの、昨季とほとんど変わらないメンバーで非常に安定した戦いを展開し文句なしの全勝優勝。
昨年度年間MVPで今節もMVPに選出された佐藤を如何にして抑えるかが、各チーム今後の課題であろう。
逆にメタボも佐藤を欠いた際の戦いで如何に勝ち星を重ねられるかが年間優勝の鍵となる。

2位につけたのは昨シーズンも最後まで優勝争いを演じたD3。
ポイントゲッターの本城が今季も得点に絡む活躍。
ゴレイロからのロングスローをゴール前で合わせる攻撃は相変わらず脅威となっている。
今季から移籍加入した女性プレーヤーの小島も古巣Frango戦でゴールを決める活躍。
ミックスでの戦い方が噛み合えばD3は更に強さを増すだろう。

3位につけたのはアーセロナ渋谷。
守護神佐藤を欠いての開幕節だったが、ポイントゲッター保科を中心に攻撃的な試合を展開。
攻撃は最大の防御と言わんばかりの得点力で、今季も優勝争いに絡んでくるのは間違いないだろう。
とはいえ、守護神不在が続けば接戦の試合では不利になる事が予想される。

4位は昨年度王者Frango Frango。
ポイントゲッターの鈴木と小島を失い、得点力が下がった感があるが、組織的な守備力は相変わらず。
4位とはいえ失点は4点(女性ゴール含む)のみ。
ゴレイロの横山が渋谷メタボの佐藤と共にMVPに選出されたが、逆に今節の得点力不足を物語っているとも言える。
組織的な攻撃が噛み合ってくれば再び優勝争いに加わってくるであろう。

5位はゼウス有明。
新メンバーを加え、横浜GESマリノスから改名し新ユニフォームで臨んだ開幕節。
結果だけを見れば下位に落ち込んでしまったが、その戦いを見れば攻撃力がアップしたのは間違いない。課題はやはり守備か。
失点を抑え、組織的な攻撃が出来るようになれば充分上位に食い込んでいけるに違いない。

開幕節、最下位に落ち込んでしまったのは聖蹟クリスタル。
人数不足に加え、レンタル移籍で加入したゴレイロ山口との守備の連携にまだ不安が見える。
メンバーの安定した参加とディフェンスの立て直しが必須だと思われる。

開幕節を終えた時点では、まだ各チームとも勝ち点に大きな差の開きはなく、次節の結果次第で順位はいくらでもひっくり返る。
また今節は若干ファールが多かった印象だ。
次節では各チームとも改めてフェアプレーを徹底するようお願いしたい。

次節は4月20日(日)
引き続きフットサルステージ多摩で開催!
皆で盛り上げていこう。

関連記事

  1. 2013シーズン 第1節
  2. 2013シーズン 第2節
  3. 2013シーズン 第3節
  4. 2013シーズン 第4節
  5. 2013シーズン 第6節